Twitter
Booklog
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
PROFILE
LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

気付いてみればもう年末
Diary / mihiro
 11月末〜12月にかけて忙殺状態だったので季節を感じるような情報が頭に流れ込んでくることは全くなく、ふと今になってTVをつけてみるとクリスマスやらスペシャル番組やら、そしてもう年末ムードやら――そうか、もうそんな時期だったのか……。
 この約一ヶ月間がどれほど濃密に圧縮された状態で外界と断絶した極限状態だったのかを物語る。

 そういえば、Dと一緒の作業中にどうしても観たい番組があったのだが(人志松本の○○な話)、TVをつけることを許してもらえなかった。笑
 ちょっと30分だけだから……なんつっても、TVをつけると集中できなくなるからダメだ、とさっくり拒否られた。
 厳しいっす……たった30分くらい……観終わったら直ぐ消すから……なんつて。笑

 でも実際そういうもんで、作曲の邪魔だからTVは捨てた、とか、そもそも買ってない、とか、クリエイターには良くある話でして。
 俺も本当に集中するときはBGMもOFFるしなあ。
 全裸になる、ってやつもいたけど、それは違うと思う(笑)けど、作曲なんかで行き詰ったときとか、なんとかして空気を変えたくて、そういう奇行的なことをするってのは俺にも経験がある。
 PCの前で作曲をするというのは、一つ窓を変えて、一つクリックをするだけで、浮気できてしまう。
 だから、電気関係を全てOFFにして、鉛筆と紙とミニ鍵盤だけで旋律に集中するというのは正しい行為だったと思う。
 便所にミニ鍵盤を持ち込んで篭るってのは俺の定番で、自称ヒキコモリがさらに深い闇に篭ることで何かを生み出そうとしているんだろう。

 子供の頃、押入れの中に入っているだけでなんだかワクワクしたり、お菓子なんかを持ち込んで食ってみたり、あれのなにが良かったのか今では全く共感できなくなってしまったのだが、篭るという行為の魅力とは、外界と断絶した閉塞空間独特の異世界感というか、極限的な陶酔感というか、限られた他者と共感する場合の運命感というか、それは大人社会だと合宿だとか、密室――だとか、無人島サバイバルだとか、そういったものが持つ現実の辛さと、響きの段階の魅力と、そのギャップと、テント泊なんかの魅力も似たようなものかもしれない。

 中身のあるヒキコモリは、それはそれで結構誰でも共感できそうな魅力を本質的に持っているのではないかと。
 週末や長期休日なんかでDVDやゲームやお菓子を大量に準備して篭ったときのワクワクったらそりゃたいしたもんですよ。

 母親のおなかの中が究極のヒキコモリ状態だとすれば、回帰的、本能的な意味があるのかもしれない。
| comments(2) | trackbacks(0) | -
pagetop
やっと……
ChromeRed::Project / mihiro
  やっと、一つ大きな山を乗り越えきった感じ……。
 とはいっても、これまでに、もっと険しい想定外の山を一つならず二つ三つ乗り越えてきたようなもんだから、なんだか全大陸制覇的なノリもあるのだが、正直、俺はなんでもかんでもやりすぎる、いや、やれすぎるから――なんてことになる。
 なんでもかんでもやれてしまうんだからしょうがないさ、へっへっへ、なんて自画自賛するほどこれって楽なことじゃあないわけだ……。
 器用貧乏ってのはその存在の意味のわりに、えっらい影が薄いもんだから……。

 サン太の野郎、俺んとこには来る気配すらねぇなあったく。
続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
ネットカフェ難民
Diary / mihiro
  20日、週末気分で久々の外飲みということもあってか、ちょっと油断して飲みすぎた……。
 っていうか、Rが飲ますから……。

 ハッキリとは憶えていないのだが……、終電ギリギリな時間帯で、どっかの地下鉄の、たぶん新宿三丁目下車、ってことは渋谷で乗り換えてたのか?憶えてない……、で、駅員さんに軽く絡んで(笑)新宿への道順を教えてもらい、徒歩で歌舞伎町方向へ……。

 昔よく利用していた西武新宿の横にあるマック(歌舞伎町らへん)でとりあえず落ち着く。
 二階に上がって辺りを見回すと、客の三割くらいはホームレス風のおっさん……、っていうか俺もその一員みたいなもんだが……。

 って、このマック、2時閉店とか、なにそれ。
 蛍の光が絶望的に鳴り響く……。
 この大寒波と、絶望感……。

 仕方なく、マックを出て、極寒、古巣、新宿、歌舞伎町をぶらつく……。
 相変わらず、クソな人間どもが、こんな時間、こんな寒さの中、ぶらついている。
 今日は俺もその一員。

 マサァジ サゼンエン、マサージ……。
 オネー様方の暖かいお誘い。
 まじで心が折れそうになる。
 ぬくもりが……欲しい……。

 そんなオネー様方を振り切って、単身、ホテル街へ向かう――途中にあるアプレシオ(ネカフェ)でビバーク。
 アプレシオといえばダーツを投げにいくくらいで、まさかこんなことで利用するとはね……。
 ホットタオルで顔を拭ったとき、生きているという実感……安堵……「助かった……」

 かなり眠かったけど、寝てしまったら起きられそうもないし、3時間弱で始発が出るし、とりあえず漫画を読んで時間を潰す。
 漫画「クレイモア」を読みながら、眠気と戦う。


 日曜ってやつぁ、くっそ……。
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
なにげに超重要ミーティング
ChromeRed::Project / mihiro
  昨日、ヘブンス御一行には同行できず、本来ならばネタ取材をして後々記事として使うこともあろうかと思っていたのだが、予定外の忙しさにその計画も断念。
 いろいろ、やりたいこともあったのになあ。
 結果的には、それを楽しんでくれるであろう方々にお届けできなくなるこの悲しさ……。
 まあでも、もっと大事なことがあるんで仕方ない。
 Dにもいろいろ動いてもらって、二人して協力しながら頑張るしかない、この難局面を。

 そして俺は車をとばして、コンビニでサンドウィッチを買って食って、Dのところへと向かう。
 毎度、ドリンクやらカップ蕎麦やらを奢ってもらい、まずは腹ごしらえと。
 ミーティング開始。

 んー、やっぱり厳しい……。
 先の先の先まで計算できるこの特殊能力が、まさかこんなにも苦しみを与えてくるとは。

 人は、死を知り、生を見つめ直す。
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
Diary / mihiro
  プロバイダー料金の支払いをすっかり忘れていて、さきほどコンビニへ払い込みに行ってきた。
 良い月がちらっと見えた。
 ケータイのカメラをセッティングしかけたが、いつのまにやら中層マンションが建ち並び、良い構図で撮れそうな位置が無い。
 砂利道や雑木林やドラえもんにでてくるような空き地もそこらにあったはずの田舎だった場所も、なんだか都会っぽくなってしまったんだなあと、歳食ったんだなあと、撮影を諦めた……。

 と、そんな時、何年ぶりかの人物から電話が。
 なにげにみんな変わらないもんだよ、と思っていたが、声って結構変わるもんだな。
 それよりも、俺の耳のほうが狂っただけかもしれんが……。
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
| 1/3 | >>

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--